参考

102.アパートを借りる

■--はじめまして
++ MC 33歳 男性
はじめてメールさせて頂きますが、どうぞ宜しくお願い致します。
今年夏頃、死体の夢や切腹する夢などを何回か見ることがありました。そのあたりを境に、仕事や精神面で好調になってきているのですが、本日見た夢の判断がつかないので診断をお願いする次第です。以下に内容を記します。
住んでいる家とは別に、古いアパート一階を借りることになる。そこは前住んでいた人の物が残されており、位牌には名前も書いてあった(何と記してあったかは思い出せません)。何か居る気配を感じると、妻も何か居る、と言います。そこで、位牌の主が自殺したのだなと気づき、なぜ自殺したのかという説明の場面が始まりました(内容は記憶していませんが、鮮明な場面があったのを覚えています)。そこで、数珠を手に般若心経を唱え、供養しようとしました。残してあった人形の側に来たとき、何故か灯してあったロウソクもしくは線香の煙が急に盛大に出てきました。
そこで眼が覚めたのですが、これはどのような判断になるでしょうか。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
..10/25(Thu) 07:49[280]

☆ 夢解釈No.102 ☆
はじめまして。
夢の中の家は、ご本人の意識の全体性をあらわしていて、そこに住んでいるあなた自身は、“自我そのもの”をあらわしています。そして、それとは別に借りたアパートは、普段の考えや感覚といった普段の意識とはまた別の、新しい意識領域を得てきたということをあらわしているのだと思われます。
それはどのような意識なのかは具体的な現状や心境を聞かなければ分かりませんが、そのような何らかの意識に至る前は、おそらくあなたは、その意識領域に対しては否定的な見方をしていて、キッパリと切り捨てていたのですが、最近になって評価が変わり、自分のものとなってきたのではないかと思います。
すると、以前まで住んでいた住人(つまり、否定的な見方をしていた頃のあなた自身の自我)は、もうあなた自身ではないので、自殺しなければならなかったのです。
そして、自分自身の古い物事の見方(古い自我と言ってもいいかもしれません)の死にたいして般若心経を唱え、供養しようとするのです。
煙は、「本当はそのような事実を受け入れたくない」という気持ちがあらわれたものかも知れません。
夏頃に何回か見た夢と合せて考えると、
1)ご本人のなかの古い行動パターンなどが終わり、新しい人格の余地がうまれる。〔死体や切腹の夢〕
すると↓
2)新たな意識領域を得てくる〔家とは別のアパートを借りる〕
という心の流れを汲み取ることができるかも知れませんね。
..10/25(Thu) 08:39[281]

【返信レス】
鈴木様
早速の診断、有り難うございました。
私は写真家を営んでいるのですが、今春より始めた新しい撮影領域の仕事が夏頃より増えてきました。今年始め頃、先輩からその分野を薦められ、意を決して参入したのです(過去にも薦められましたが、金銭的ハードルがあり断念しました)。性格的に合っていたのか、その新しい仕事は非常に楽しく、人生で初めて充実感を持って生活しているところです。
そのような精神的な移り変わりが夢に出てきたのかもしれません。
非常に勉強になりました。有り難うございます。
..10/25(Thu) 09:08[282]