911.借金取り

■--初夢!?
++ ネコガミ 男 33 初
初めまして!あけましておめでとうございます。
大晦日から元日にかけて夢をみました。普段みないわるい夢だったので気になり投稿しました。
あまりよく覚えていないのでおぼろけですが、兄が事業に失敗して多額の借金を背負い逃亡してしまいます。
一人実家の和室で布団にこもり借金取りが来ないか震えている夢です。そのままふるえながらおきました。
初夢がいつ見る夢なのか諸説ありわかりませんが、新年一発目のゆめにしてはふきつです。
鑑定よろしくお願いします。
.. 1/ 1(Wed) 20:50

☆ 夢解釈No.911 ☆
はじめまして。あけましておめでとうございます。

例えば、指の指紋は人の数だけあり同じものは一つもありませんが、大きく分けると、円形か流れているかのたった2種類しかありません。

夢もまた、夢を見た数だけあり同じものは一つもありませんが、そのモチーフは、人間と象徴という本の説明にもあるように、一見違って見える心像でも同じ場合が多くあります。

もしも夢をおおざっぱに分類することが許されるのであれば、この夢は心理学的には、「の接近」というモチーフを持った夢であると考えられます。

影とは、ご本人の心が成長してきたプロセスにおいて、現在まで全く育ててこずに、意識領域から切り捨ててきた何らかの性格の側面のことを言います。

それは基本的に未発達であり、誰にでも必ず影の側面はあるのですが、影は意識の光に認めてもらおうとしているので、人は誰でも「追われる」「逃げる」「恐ろしい何かが部屋に入ろうとしてくる」などの夢を見ることがあります。

そして今回の夢では、「兄が事業に失敗して〜」という完全に自分の責任ではない状況下で、恐ろしい影の接近に恐れることになります。
「自分に否がない」という意味で、このような場合は反省や後悔のしようがありませんので、この影の接近は回避不可能であり、本質的に対峙すべき未知の側面、と言えるかも知れません。

そして一般的に、新年とは、「良い年になりますように」と、近い将来に思いをはせるときですので、この時期にこのような夢を見るということは、どこか示唆的なものを感じさせられますね。

と言うのは、わたし達は誰でも、訳の分からない未知なる影と向き合い、それを理解し、認め合い、統合して今までは持っていなかったその側面を自分のものとすることによって、世界観が広がり、心が成長していくものだからです。

もし間違えていたら申し訳ありませんが、あなたにとっての2014年とは、あなたが心の中で、今まで全く育ててこないで影となっているような性格の側面と向き合うことで、世界観を大きく広げる必要がある年になるよ、といったニュアンスがこの夢はあるのかも知れませんね。
.. 1/ 1(Wed) 22:41

【返信レス】
++ ネコガミ
感謝☆
無料にも関わらず親切丁寧にありがとうございます。
初夢の悪夢なので不安がありましたが、 自身の未知の部分と向き合うことで世界を広げられると聞き、 安堵しました。
自分のなかで夢診断なんて信用できないというおもいがありましたが、今回の対応で考え方がかわりました。
詳しい解釈についても検討させていただきます。
ありがとうございます☆
.. 1/ 2(Thu) 15:42