1009.奇形児を生む

投稿者:マオ
42歳 女性 2回目です。

昨夜見た夢です。

私は病院の診察台に横たわっていて妊娠している設定ですが、お腹が大きくありません。なぜお腹が大きくないのだろう?と思っているうちに、どんどんと大きくなり始め、最後には妊婦らしくなりました。「おお!」と思っていると看護師さんも笑顔で頷いていたようです。

次の瞬間にはもう出産が終わって腕に子供を抱いていましたが、奇形児でした。おでこに大きなマーク?があり、頭がひしゃげています。そのマークは、私が妊娠中に腰に巻いていたもののバックルの部分の形で、それがお腹の赤ちゃんの頭を圧迫して頭を押しつぶしたようです。そうしたことを一瞬のうちに感じました。

その姿を見てとてもショックで、罪悪感や悲しみを深く感じます。

この子はこの状態では長くは生きられないかもしれない、と思って腕に抱いているいるうちに、子供は溶けて流れていったようです。

その後場面が変わりますがずっと病院の中ですがだいぶデフォルメされたイメージです。ドクターや看護師さん、入院患者さんなどいますが、殺伐とした少し欝々とした印象でした。

宜しくお願いします。
2016年08月19日 (金) 06時12分

☆ 夢解釈No.1009 ☆
またのご依頼ありがとうございます。
この夢の場合にも当てはまるかは分かりませんが、一般的に夢のなかの赤ちゃんは、心のエネルギーや傷つきやすさ、ピュアや発展の可能性などをあらわす場合があります。

今回の夢は、まるで前回の「両性具有者」の夢の続きのような内容を持っており、前回は夢のなかで「夜の営み」という何らかの発展の可能性(赤ちゃん)が産まれるかも知れない状況となりましたが、おそらく今回の夢はそのことと関係しており、唐突に心の可能性が生じてきます。

しかしその赤ちゃんは、あまりにも突然産まれてきたせいか、バックルという自分で自分を締め付けているかのような何らかの心理的な働きによって、奇形の姿を持っています。

もし間違えていたら申し訳ありませんが、この夢を拝見させて頂いた限りでは、もしかするとあなたは、少し自分で自分の何らかの側面を押さえつけ、そのせいで大切な何らかの可能性が流れてしまっているかのような生き方をなさっているのかも知れないと思いました。

赤ちゃんを育てるという行為は、自分の生活を犠牲にするような側面もあるので、その意味では、いないほうが自分らしくいられるのですが、しかし自分のやりたいことを犠牲にして赤ちゃんに愛情をそそぐことによって、いままでの自分には無い何らかの人格の可能性が発展していく、ということが出来ます。
溶けてしまうことには、否定面も肯定面もあるようです。
いかがでしょうか?

この夢をもう少し詳しく解釈するためには、やはり赤ちゃんの連想を広げる作業や性格類型、私生活での心境などの情報を必要とします。
2016年08月19日 (金) 21時35分

【返信レス】
分析を頂きましてありがとうございました。

自分の未知の部分と統合が進んでいるようだったけれども、自分で制限を掛けている部分によって可能性が歪められる、または流れてしまう、という意味合いがあるかもしれない、とのこと・・・。寂しいですね・・・。

確かにおっしゃる通りです。自分自身で制限を掛けている部分はまだまだありますし、本来の自分が望むものと、表向きの人格が一致していないと感じます。そこに至るまでに制限や思い込み、信念など、手放すものはまだまだあると感じます。

赤ちゃんの部分の分析は大変参考になりました。確かに自分をこれ以上犠牲にしたくない、という気持ちはあるのですが、犠牲にすることによって別な人格が育まれる可能性については盲点でした。その辺りも含めて内観してみたいと思います。

二度目の鑑定、有難うございました。
2016年08月20日 (土) 07時51分