989.虫に乗って空を飛ぶ

投稿者:わか
虫の背中に乗って空を飛ぶ夢

こんにちは、17歳女、初めての投稿です。

虫に乗って空を飛ぶ夢を見ました。
それは何かのアトラクションらしいのですが、体長15センチほどの喋る虫(というよりはエイリアンのような生物)の背中に乗って、自分が住んでいるマンション内を飛び回っていました。アトラクションと言うだけに、飛んでいる間は次々と障害物が出てきましたが、虫は上手くかわしていて、とても楽しかったです。私ともう1人幼馴染が後ろに乗っていました。2人とも乗る前は身長は変わらなかったのですが、虫を跨ぐといつの間にか縮んでいました。飛び終わった後はスタート時と同じ私の家の玄関前に停まり、私はリビングにいる母を呼びに行く……というところで目が覚めました。

空を飛ぶ夢というのはよく聞きますが、何かに乗って空を飛ぶ夢の場合は意味が変わるのか気になり投稿いたしました。
よろしくお願いします。
.. 2015年12月23日 (水) 15時00分

☆ 夢解釈No.989 ☆
人は誰でも、やってはいけないことや時間などの現実的な規制の中で生活を送っているものと言えます。
そして基本的に、空を飛ぶ夢は、重力という普遍的な規制から解放されており、それは現実的なしがらみからの解放をあらわす場合が多いと考えられます。
なのでこのような夢を見たときは、私生活の中で意識がなにかに縛られすぎていないか、あるいはその反対に、ファンタジーや空想などを膨らませている時間が多く、地(現実)から足が離れすぎているような意識になっていないかを内省してみる良いと思います。

そして今回の夢では、自分の家というある程度自分らしくいられる分化・発達済みの意識の状態から空を飛び(しがらみから解放され)、幼馴染みで象徴する無意識下の何らかのパーソナリティーと一緒に、様々な障害物を上手くかわしながら飛び回ります。
二人が乗っているエイリアンのような虫は、おそらく太古的で未分化な状態にある、無意識下のなんらかの原初的なエネルギーをあらわしており、あなたは未知なる心の側面から生じる得体の知れないエネルギーとの関係性は良好のようで、うまく乗りこなせているようです。

そしてそのときの障害物は、おそらくあなたが空想の羽を広げているときに生じてくる邪念やイヤな観念をあらわしており、うまくかわしています。

そして、自分の家の玄関という、意識が本来の自分自身の状態に帰ろうとしたところでこの夢は終わります。
肯定的な心の働きをあらわしている印象のある夢ですね。
.. 2015年12月23日 (水) 20時51分

【返信レス】
-無し-